美容皮膚科の特徴【自由診療となる美容医療も提供している】

ニキビ治療の種類

男性医師

治療の種類が豊富

ニキビと言えば今まではスキンケアで対策するのが一般的でしたが、現在は医療機関での治療で治すのがスタンダードです。皮膚のトラブルの治療を受けるといえば皮膚科ですが、ニキビの場合は一般皮膚科よりも美容皮膚科のほうが治療法は豊富となっています。一般皮膚科の場合は健康保険が適用される治療法を提供するケースが大半ですが、美容皮膚科は自由診療となる美容医療も受けられるのが特徴です。美容医療がプラスされている分、ニキビ治療の選択肢が広がり自分の肌質や、ニキビの状態にあった治療法を選べます。美容皮膚科で受けられるニキビ治療としては、ケミカルピーリングやレーザー治療といった方法がメジャーです。ケミカルピーリングは薬剤を肌に塗り人工的に古い角質を剥がす治療法で、ニキビの治りを早めるだけでなく、ニキビができにくい肌質へと改善します。レーザー治療はニキビの原因となるアクネ菌をレーザーで殺菌したり、肌の新陳代謝を高めてニキビの回復を促進したりする治療法です。またレーザーは毛穴の中に詰まっている皮脂や膿などを、外へと排出する効果もありニキビを招く原因物質を排除して治りを早めます。この治療法以外にもクリニックによってはイオン導入や、自由診療で処方される外用薬・内用薬で治療することもあるようです。ケミカルピーリングやレーザー治療など、一般的な皮膚科では施術を受けられない美容医療でニキビを治療できるという点は、美容皮膚科の大きな魅力です。また、カウンセリングや診察にかける時間が一般皮膚科よりも、充実しているのも美容皮膚科のメリットと言われています。一般皮膚科の場合、1時間に6人以上患者さんを医師が診察しているリニックが多く、患者さん1人当たりに欠けられる時間は、わずか5分程度です。たった5分という短い時間で肌の状態を診察し、患者さんに状態や治療法を分かりやすく説明できる医師は少ないでしょう。一方、美容皮膚科はというと診察を予約制にしている所も多く、このようなクリニックの場合は約1時間程度の時間をかけて、カウンセリングや診察を行います。1時間という時間をかけることで患者さんのライフスタイルなども把握しやすく、よりニキビができる原因を突き止めやすくなるようです。さらに、今の肌の状態やこれからどのような治療を行うのがベストなのか、じっくり医師と患者さんとで話し合えます。治療内容に納得できた上でニキビ治療を開始することになるので、より安心してクリニックに通えると感じるでしょう。カウンセリングに診察の時間を十分とっているクリニックが多い美容皮膚科であれば、安心してニキビ治療を進められます。

Copyright© 2018 美容皮膚科の特徴【自由診療となる美容医療も提供している】 All Rights Reserved.